新潟 燕三条 背脂煮干醤油ラーメン どっかん

渋谷区

・お店紹介            
前回ご紹介した、我武者羅の弐号店(どっかん)です。
こちらのお店は新潟燕三条系のラーメンです。

こちらのお店の売りの一つが地域で一番遅くまでやっている
お店だそうです。

たしかに 営業時間11:30 – 翌 3:00 は頑張っていますよね。

<<燕三条系の特徴>>

燕三条系ラーメンはうどん位ある太麺に、煮干や魚介類から出汁を取った
醤油ベースのスープを使用しています。

スープには大量の豚の背油がかけられており、
湯気がスープから昇らないほどとなっています。

県央地域は、いわゆる背油チャッチャ系ラーメンの発祥の地であり、
その元祖は「福来亭」であると歴史がハッキリしているものの、
この命名自体はごく近年である。

・訪問記録            
壱号店とは北口を反対方向に走って一分くらいです。
※こちらは一分だと辛いかもしれません。

ちょっと息が切れながらの到着です。

時間は18:30位だったのですが先客はいませんでした。
※上の写真は同じ日のもう少し早い時間に取っています。

中に入って券売機で何を可能かと迷ったのですが
背脂煮干らぁ麺を注文しました。

着席をしてメニュー表をみると背脂の量が選べる様でしたので
お店の人に聞いてみると

ノーマル 、 ジャンク(x2)、彦摩呂(x4)と段階があるようで

後からも追加できるとの事。

お店の説明を見るとそんなに脂っこくないと書いてあったので
挑戦の意味を含めてジャンクにしました。

10数分後位に配膳されました。

その間にお客さんは1名入って来ただけでしたので
その時間帯は空いている時間帯なのでしょうね。
まあ夜中の3時まで営業のようなのでこれからなのでしょうか。

そうこう考えているうちに配膳されました。

もう少しスープの量が多くて全体を覆っているようなイメージをしていたのですが
こちらのお店は少し違うようですね。

でも脂の量自体は想像通りかなり乗っています。

まずはスープを一口

思っていたより脂の感じが強くスープの味があまりしません。
脂をどけて飲むとそこそこの味ですので私が脂を多く頼み過ぎたという
印象でした。
まあ脂が好きな方は全然問題ないかと思います。

ただ最初煮干しの味が強すぎてちょっと!と思ったのですが
食べていくうちに慣れることが出来ました。

具のチャーシューは厚手で非常に食べ応えがあり美味しいです。

野菜など具の量も多くボリューム的には満足感が大きいのではないかともいます。

個人的な評価値

味 ★★★☆☆
接客★★★☆☆
場所★★★☆☆

という感じでしょうか

またこちらのお店は壱号店と同様に限定メニューも
定期的に色々提供されているようですので
そちらも楽しみです。

・お店情報            

関連ランキング:ラーメン | 幡ケ谷駅笹塚駅代々木上原駅

コメント