白河らーめん、喜多方らーめん探訪の旅(3)

福島県

前回からの続き(喜多方編)です。

当日朝新白河から(JR東北本線)郡山(JR磐越西線)会津若松経由で喜多方へ向かいます。
総時間3時間弱の長旅となります。
会津若松で乗り換え時間に余裕があったので一旦下車して駅舎を1枚とりました。


やっと喜多方に到着です。
※ドアを手動で開ける電車は慣れていないので降りるのにすこしドキドキします。

三軒目
訪問日:2014年4月14日
店名:坂内食堂
ジャンル:喜多方らーめん (東京にも支店がある超有名店)
場所:福島県喜多方市字細田7230
交通手段:JR喜多方駅 徒歩17分。
喜多方駅から923m
<<喜多方らーめんの特徴>>
喜多方ラーメンは豚骨ベースと煮干ベースのスープを混ぜて作られています。
味は醤油味で、ちぢれた太目の平打ち麺を使用しています。 具のトッピングはチャーシュー、ネギ、メンマ、モヤシとシンプルなことが多いです。
喜多方ラーメンは源来軒によって広められたとされていますが坂内食堂の功績も大きいと思います。

<<感想>>
場所が近い?せいもあって具は少し違いますが白河らーめんと少し似ている気がしないでもないですね。
正直味音痴なのか東京のお店で遠い昔に食べたのとの違いが判りませんでした。
ただ観光客らしくお客さんと地元のお客さんがお昼前にも関わらずどんどん来ていましたのできっと私が味音痴なのだと思います。また喜多方ラーメンのお店は駅から近いお店が多いのは凄く良いですね。

個人的な評価値
味 ★★★☆☆
接客★★★☆☆
場所★★★☆☆

という感じでしょうか。

とは言っても喜多方に来たら立ち寄りたい一軒でしょうか。


大きな地図で見る

コメント