白河らーめん、喜多方らーめん探訪の旅(1)

福島県

時間が取れたので4月13日(日)~15日(火)で先週食してお気に入りとなった白河らーめんと有名どころで未だ未訪問の喜多方ラーメンを探訪する事にしました。
経路は上野→新白河(白河泊)→喜多方(喜多方泊)→上野の日程で行きました。
上野→新白河は新幹線で1時間余りですので時間はそんなに掛からないのですが白河らーめんのお店の特徴として駅から離れたへんぴな場所にお店があるので白河ではレンタカーを借りて目的のお店まで行くことにしました。

※一軒目
店名:手打中華 すずき
ジャンル:白河らーめん
住所:福島県白河市瀬戸原4-9
新白河駅から4.5㎞くらい。
車で約10分。
<<感想>>
白河のラーメン屋さんはなぜか交通の便が悪い場所にあるようで基本車でしか訪問することは難しいようです。
また、店名は食堂とつくお店が多く東京のように食堂とつくとどちらかと言えば美味しくないイメージとは違うようです。
訪問した時はすでにお昼時は過ぎていたのですが混んでいるほどではありませんがどんどんお客さんが切れ目なく入店していました。結構写真を撮っている人も多くいたので観光客の人も居たのではないかと思います。

こちらのお店では次もあるので手打中華そばを注文しました。
麺:手打ち麺(結構量が多い)
スープ:透き通った醤油スープで少し味が濃い(運ぶのが大変なくらいどんぶりに入っている。)
具:なると、ねぎ、チャーシュー、ほうれんそう

白河らーめんのベーシックな感じで非常に美味で共感が持てました。
お店の接客もきちんとしていて良いのではないでしょうか。
ただ、ワンタン入りが1,050円というのは少し価格設定が高いように思います。
それにしても白河を車で走っているとラーメン店が多いですね町の景観からもラーメンの町というのが良く判ります。

個人的な評価値
味 ★★★★☆
接客★★★★☆
場所★☆☆☆☆

という感じでしょうか。

基本的な白河らーめんのようですし午後休憩なしで営業されていますので時間的に合う方は並ばずに食べられますのでお勧めかもしれません。

さて次はお目当てのとら食堂へと向かうのですが午後は16:00からなので白河城の見学に行くことにします。この続きは次回で。。


大きな地図で見る

コメント