絶妙の豚骨 博多一幸舎 博多本店

福岡
スポンサーリンク

お店紹介

 

お店の特徴

入沢元さん、入沢功さん、吉村幸助さんの3人で2004年3月開業だそうです。

目標は「世界に広がる本物の博多ラーメンを!」だそうです。

現在国内9店舗、海外16店舗(インドネシア、シンガポール、中国、香港、台湾、ベトナム)で展開されているようですのである程度目標を達成されていますね。

開業から約十年でですから凄いですね!!

このお店のこだわりは特に魚介ベースのタレにあるようです。このたれをベースにしたスープに合う麺を自家製で作ってお店独特の豚骨ラーメンを実現されています。

麺は一般的な豚骨で使われている麺よりも若干太い麺で、チャーシューにもこだわりがあります。

 

お店情報

店名: 博多一幸舎 博多本店 (はかたいっこうしゃ)
住所: 福岡県福岡市博多区博多駅前3-23-12 光和ビル 1F
電話番号: 092-432-1190
交通手段: 博多駅博多口から西日本シティ銀行方面へ徒歩5分。
席: 23席 (カウンター・テーブル席)

訪問記録

お昼の14:00頃の訪問です。

なにやら凄く並んでいます。

理由は知っているのですがももくろの玉井詩織さんが以前映画の舞台挨拶で博多に来た際に寄ったお店で昨日までももクロのライブがあったのでその残党の方が並んでいるようです。

ただ、昨日とかは100人以上並んでいたという情報もあったのでそれに比べればだいぶましです。

しおりんも迷惑なことをしてくれたものです。。(笑)

まあ並んでいる人がカラフルなこと。。

ikoysa2015040706

結局20分ぐらい待つことになってしまいました。

いつもラーメン屋さんに入らない人が多いので食べ終わった後もかなり談笑していたりして凄く回転が悪いですね。

お店のお兄さんがやっと入店を許してくれたのでまず食券の購入です。

まあ普通にラーメン(680円)を購入しました。

博多駅の中にあるデイトス店が750円なので直ぐ近くなのにかなりの価格差ですね。

真ん中あたりのカウンターの一番奥に案内されました。

麺の堅さはバリカタでお願いしました。

麺が出て来るのは早くて3分ぐらいで着丼しました。

具はチャーシュー、キクラゲ、ねぎですね。

後特徴としては泡が立っていることですね。

脂分と空気が混ざり合った脂泡という泡です。

クリーミィーに乳化した旨み・甘み・とろみのある証拠でお店のこだわりの一つだそうです。

ikoysa2015040702

麺は通常の博多ラーメンよりも若干太めの自家製麺です。

この麺がスープとよくあうのだそうです。

ikoysa2015040703

スープは博多ラーメンの中では若干透明感がありますかね。

ikoysa2015040704
チャーシューは博多ラーメンによく有る煮豚の出がらしタイプではなく美味しさも楽しめそうですね。

ikoysa2015040705

では頂いてます。

と思ったら辛子高菜がない!!

とりあえずお店の人にお願いして持ってきて貰いました。

お願いしてからの対応の早さや、他に何かないかと確認する気配りはなかなか良いのではないかと思いました。

東京の勘違いしたラーメン屋さんにも見習って欲しいものです。

で肝心の味ですが

クリーミーなスープと麺がよく有っていてかなりのおいしさです。

チャーシューも博多ラーメンの中ではトップクラスのおいしさです。

長時間並んで食べに来た甲斐がありました。

一応しおりんが来店した証はこれのようです。

ikoysa2015040707

個人的な評価

味 ★★★★☆

接客★★★★☆

場所★★★★☆

 お店情報

コメント