中華 宮下  千葉県勝浦

千葉県

・お店紹介            
勝浦駅から徒歩五分位の場所にある
勝浦担々麺のお店です。

こちらのお店ではラージャン麺の名前で出されています。

<<勝浦式タンタンメンの特徴>>

勝浦タンタンメンとも呼ばれています。
勝浦式タンタンメンは、ベースとなる醤油ラーメンに、
ラー油や唐辛子で味付けして炒めたタマネギとひき肉が具材として入ります。
通常の坦々麺で使用される胡麻は勝浦式タンタンメンでは
ほとんど使用されないのが特徴です。

・訪問記録            

本当は発祥のお店、江ざわを目当てに来たのですが
バスの時間が合わなかったのでタクシーで向かうと
臨時休業の残酷な看板が私を出迎えました。

定休日は当然確認をしていたのですがまさか臨時休業とは
次回以降の教訓となりました。

でタクシーのドライバーの人は優しい人で何軒か
知っているお店に連れて行ってくれるのですが
全て休業でタクシーメーターだけが非常に刻まれるという
悲しい結果となってしまいました。
おかげで5千円もタクシー代に掛けてしまいました。
5千円あったら相当良いもの食べられるのに。。

判断が悪い自分を責めていました。

で結局駅に戻ってから駅近のこちらのお店に向かいました。

お店は看板は中華と書いてあるのですが中に入ると
開口一番うちは担々麺しか出来ないよ
それでも良い?

と聞かれました。

まあ担々麺を食べに来たので問題ないのでOKの意思表示をして着席しました。

時間も4時くらいでしたので他にお客さんは一人も居ませんでした。

とりあえず、ラージャン麺(タンタン麺)を注文しました。
出来るのを待っているときに壁に貼ってある雑誌の切り抜きを見ると
前はカレーとかもやっている食堂的なお店と書いてあったので
ご当地ラーメンブームの一環で専業店に方針を変えられたようです。

15分位で配膳されました。

結構時間が掛かりますね。

厨房からの音だと注文を受けてから野菜を切ったり炒めたりされているようで
手間がかかっていそうです。

辛さは普通でお願いしたのですが結構辛そうですね。

スープを飲むと辛いことは辛いですが正直それほどでもありません。
大辛でもよかったかなと思いました。

辛いのは好きなので食は進むのですが
なにか昔の地獄ラーメンを食べている印象です。

麺とスープがあまりあっていない感じで、スープの旨味ももうひとつあれば。。
という感じです。

勝浦式タンタン麺に関しては代表格のお店を味わうことが出来ませんでしたので
評価は次回以降にしたいと思います。

それにしてもタクシー代が痛い ( `ー´)ノ

個人的な評価値

味 ★★☆☆☆
接客★★☆☆☆
場所★★★☆☆

・お店情報            

関連ランキング:担々麺 | 勝浦駅

コメント