*


喜多方屋 本店 板橋

公開日: : 最終更新日:2014/12/17 喜多方ラーメン, 板橋区

お店紹介

店名: 喜多方屋 本店
住所: 東京都板橋区板橋3-27-3
電話番号: 03-3964-5874
交通手段: 都営三田線板橋区役所前駅から388m

<<お店の特徴>>

喜多方ラーメンのお店です。

創業は1979年 で創業当時は王子新道沿いにあっ多様です。

席:カウンターとテーブル

夜はお酒も出しているようです。

※ボトルキープのビン多数

訪問記録

13:00過ぎの訪問です。

お昼は過ぎているのに8割がた埋まっています。

お客さんはほぼ地元に方というイメージですね。

kitakataya2014121401

kitakataya2014121402

メニュー結構種類が多いですね。

喜多方ラーメンだけでなく、タンタン麺やカレーラーメンなども有るようです。

kitakataya2014121403

kitakataya2014121404

でもやはり喜多方ラーメンを注文することにします。

席は空いていたカウンターにとうされました。

待っている間にすぐカウンターも満席になってしまいました。

想像していたより繁盛しています!!

メニューを再度見ていたらワンタン麺が無い事に気づきました。

喜多方でワンタン麺が無いと思ったのですが

あれは白河ラーメンでしたね。

勘違い!勘違い!

ラーメンも注文してから10数分後の着丼でした。

バックオーダーが多かったようなので仕方ないですね。。

ルックスはもちもちした麺とほうれん草が入っていていかにも喜多方ラーメンという感じですね。

 

具はほうれん草、メンマ、チャーシュー、ねぎですね。

 

kitakataya2014121405

今日は寒いのでレンズも曇るようです。

まあ腕のせいですけどね。。

kitakataya2014121406

スープは透明感のある醤油ですね。

kitakataya2014121407

ではいただきます。

まずはスープから。

美味しいですね、

如何にも喜多方ラーメンという味です。

チャーシューはあつでで弾力性が有り、食べ応えが有りますね。

ほうれん草も苦味が無く美味しいです。

これなら喜多方のラーメン屋さんとそん色がないレベルです。

でもこちらのお店は塩、みそ、辛口など多種多様なラーメンをやって居るんですよね。

これ全種類制覇するの大変だろうなぁ???

隣の席に座った常連らしい老夫婦は塩とタンタン麺を頼んでいたので他のラーメンもレベルが高そうですね。

個人的な評価

 

味 ★★★★☆

接客★★★☆☆

場所★★☆☆☆

ブログランキングに参加しています。
記事に興味がもてたら是非是非押してください。

にほんブログ村 グルメブログへ

 お店情報

Google Adsense

スポンサードリンク

関連記事

白河らーめん、喜多方らーめん探訪の旅(4)

前回からの続き(喜多方2回目です。) 喜多方は蔵とお酒の町ですので二軒目に行く前に観光を兼ねて少し町

記事を読む

白河らーめん、喜多方らーめん探訪の旅(3)

前回からの続き(喜多方編)です。 当日朝新白河から(JR東北本線)郡山(JR磐越西線)会津若松

記事を読む

喜多方ラーメン 食堂 七彩   都立家政

お店紹介 手打ちの喜多方ラーメンで有名なお店です。 同グループに東京駅の麺屋七彩もあります。

記事を読む

Google Adsense

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

計算結果を入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Google Adsense

スポンサードリンク

和歌山ラーメン 井出商店 伝説の行列店の味は本物か?

お店紹介 お店の特徴 和歌山ラーメンの代表的なお店です

新小岩駅のラーメン ランキング ベスト5

毎年100食以上ラーメンを食べた管理人が管理人の基準で新小岩駅最寄りの

船橋の行列店が新小岩に進出! かいざん 新小岩店

お店紹介 お店の特徴 船橋に本店のある人気のラーメン店

ちょっとイカシタお店 自家製麺 啜乱会   新小岩 驚きが体験できる

お店紹介 お店の特徴 自家製麺とちょっと変わった味のラ

聖地巡礼! ラーメン二郎 三田本店  このチャーシューが凄いぞ!

お店紹介 お店の特徴 言わずと知れた、ラーメン

→もっと見る

  • ブログランキングに参加しています。
    記事に興味がもてたら押してください。

    にほんブログ村 グルメブログへ
PAGE TOP ↑