ラーメンの歴史

西暦内容
1665水戸光圀が、日本人として初めて中華麺を食べる。儒学者朱舜水が、光圀の接待に対して自分の国の汁そばをふるまった。
1872横浜華僑居留地に、柳麺の屋台が現れ始める
1884函館「養和軒」にて「南京そば」というメニューがあった。函館新聞に広告が載せられた物で、日本で最初に、正式に中華麺が宣伝された可能性がある。ただし、この「南京そば」が、現在のラーメンにつながる汁そばであるかどうかは不詳である。
1879東京築地に、シナ料理店「永和」が開店する
1883東京に、シナ料理店「偕楽園」、「陶陶亭」が開店する
1899陳平順が、長崎で長崎ちゃんぽん・皿うどんを創作する
1900長谷川伸が、横浜の居留地でラウメンの魅力に取りつかれる
1905長崎『四海楼』の陳平順氏が長崎ちゃんぽんを考案
1910東京の浅草公園に、大衆シナそば屋の元祖「来々軒」が開店する
1913田中宏が、『田中式豚肉二百種』を出版する
1916佐野「宝来軒」営業開始
1918『海軍主計兵調理術教科書』に、五色炒麺・蝦仁麺の作り方がでる
1922札幌の北大正門前に、「竹屋食堂」が開店する
1923関東大震災後に、屋台のシナそば屋が流行する
1925福島の喜多方に、藩欽星が、シナそば屋「源来軒」を開店する
1926山田政平が『素人にできるシナ料理』を出版し、版を重ねる
大正年間シナ料理がブームとなる
1928大東京シナ蕎麦製造卸組合が設立される(シナそば屋444店/一杯10銭)

吉田誠一が『美味しく経済的なシナ料理の拵え方』を出版する

1929『料理相談』に、「シナそば」の初見
1929家庭向料理書に「中華あんかけそば」の作り方が現れ始める
1930札幌の喫茶店で、ラーメンが流行する
1935宮城・仙台『龍亭』が涼拌麺(冷やし中華の原型)を発売
1937宮本時男が、久留米駅前に、シナそば屋台、のちの「南京千両」を開く

陸軍の『軍隊調理法』に、煮ハム・塩豚の作り方がでる

1937東京・錦糸町に難波二三夫氏が屋台『貧乏軒』(後の『ホープ軒本舗』)開業
1940和歌山「丸高」が屋台で営業開始。
1945引揚者の帰国が相次ぎ、大陸の中華そば(シナそば)や餃子を伝える
1946津田茂が、博多駅前に、中華そば「赤のれん」の屋台を開く
1946愛知・名古屋『寿がきや』開業
1947道岡ツナが、鹿児島で、中華そば「のぼる屋」を開店する
1947尾道「朱華園」営業開始。
1947荻窪「漢珍亭」営業開始。
1948大宮守人「味の三平」が、ラーメンにもやしを入れる
1949福島・喜多方『まこと食堂』開業
1949東京・荻窪『春木屋』開業 ラーメン処荻窪の基礎が出来上がる。
1950『西洋料理と中華料理』に、「ラーメン」の初見
1950札幌『味の三平』開業
1954花森安治の「札幌ーラーメンの町ー」の記事が評判になる
1955博多の長浜ラーメンが誕生し、替え玉方式を考案する

大宮守人が、「みそラーメン」を創作する

1955中野「大勝軒」にて、山岸一雄氏がつけ麺を開発。その後、東池袋大勝軒で「もりそば」と言う名で大ヒット
1958初のインスタントラーメン「日清チキンラーメン」発売。「支那そば」→「中華そば」と言われていたラーメンの、「ラーメン」という呼称が全国的に広まった。
1958東京・武蔵境の『珍珍亭』が油そばを考案
1959福岡でマルタイが「チキン味棒ラーメン」を発売
1960即席めんブームとなる
1961札幌「味の三平」にて、大宮守人氏が味噌ラーメンを開発。
1961東京・東池袋に山岸一雄氏『大勝軒』開業
1963エースコックのワンタンメン発売
1964札幌『華平』の川西寛明氏がラーメンにバターを入れることを考案
1965高島屋(東京・大阪)の北海道物産展で、「札幌ラーメン」を紹介する
1966サッポロ一番(醤油と塩)発売
1966明星チャルメラ発売
1968日清『出前一丁』発売
1968サンヨー食品がサッポロ一番の味噌味を発売
1969インスタントラーメンにノンフライ麺が登場
1971「カップヌードル」が発売され、即席ラーメンが、国民食から国際食に雄飛し始める
1971京都・銀閣寺近くで屋台の『天下一品』開業
1974横浜「吉村家」営業開始。ご当地ラーメンと言えるだけの普及を果たした。
19801980年頃から関東を端緒に「豚骨ラーメンブーム」が起こる。
1986神奈川県藤沢市に「支那そばや」開業
1992日清「ラ王」発売。初の「生タイプ麺」である。
1977つけめんのブームが起きる
1994新横浜ラーメン博物館が開館する
1997世界ラーメン協会が発足する